So-net無料ブログ作成

多読のスタート [多読]


AERA English (アエラ・イングリッシュ) 2011年 12月号 [雑誌]

AERA English (アエラ・イングリッシュ) 2011年 12月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2011/10/22
  • メディア: 雑誌



わたしの多読のきっかけは、この『AERA Englidh』からでした。

出かけるときに駅で時間をもてあまし、中身を確認できなかったものの、「TOEIC400点から始める」なら大丈夫だろう、と購入しました!10月の終わりのことです。

複数のGRが紹介されていました。
そこで、とりあえず本屋さんに行って中身を確認。

本屋さんの洋書コーナー、ドキドキでした!


あちこち見て回り、GRのコーナーへ。
数冊購入して、初めて読んだGRは
『Through the Looking-Glass』(作者:LEWIS CARROLL)【1冊目】 鏡の国のアリスです。



Through the Looking-Glass: And What Alice Found There (Oxford Bookworms Library, Stage 3)

Through the Looking-Glass: And What Alice Found There (Oxford Bookworms Library, Stage 3)

  • 作者: Lewis Carroll
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Sd)
  • 発売日: 2007/12/31
  • メディア: ペーパーバック





レベルは3。
もっと低いレベルから始めようと思っていたのですが、中身を1ページほど読んで、読めそうだったの購入しました。
が、スピードをあげて読むことができません。

ゆっくり読めば問題ないのですが、スピードを上げると読み直さないと理解できなくなるのです。

Word count は 10,605。
今振り返れば、かなりの背伸びでした!
そして、気がついたことですが、非現実的な世界の話と言うのは、意味がとりにくいんですよね。
ちょっと苦労して読み切りました。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。