So-net無料ブログ作成

『Dracula』 と 『Huckleberry Finn』 [多読]

現在の多読記録です。
10冊パックになっていたものを順に読んでいるので、ちょっと変な取り合わせになってしまいました。

12月6日読了

『Dracula』 (OXFORD BOOKWORMS レベル2) 【24冊目 Word count 7,875】
訳本でも読んだことがありませんでしたが、数名の日記や独白形式で話がすすみ、ラストは思った以上にドキドキでした。coffin, hell, tomb, shiver, wound, (棺、地獄、墓、震える、傷)などあまり普通では出会わない単語にも出会いました。


『Huckleberry Finn』 (OXFORD BOOKWORMS レベル2) 【25冊目 Word count 6,180】
『ハックルベリー・フィンの冒険』です。訳本を読んだことがないので、内容がどの程度カットされているのかは不明です。24冊目の『Dracula』もですが、OXFORD BOOKWORMSの10冊パックに入っていたものです。
10冊の中で、一番最後にHuckを読むことにしました。
読み始める前に裏表紙で少し話の内容を確認するのですが、そこに書かれている英語が難しいような気がしたからです。作者はもちろんMARK TWAIN。彼の英語は難しいのかも?と思いラストに回しました。
実際には、それほど難しいとは感じず、多少長い文章が多いかもしれませんが、楽しんで読むことができました。

[るんるん]この25冊目で20万語を超えました。




Dracula (Oxford Bookworms, Level 2)

Dracula (Oxford Bookworms, Level 2)

  • 作者: Bram Stoker
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Sd)
  • 発売日: 2007/03/29
  • メディア: ペーパーバック





Huckleberry Finn: 700 Headwords (Oxford Bookworms ELT)

Huckleberry Finn: 700 Headwords (Oxford Bookworms ELT)

  • 作者: Mark Twain
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press
  • 発売日: 2007/11/15
  • メディア: ペーパーバック





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。